ホーム > 現金化 > 消費者金融などからの借入とは異なるクレジットカード現金化について

消費者金融などからの借入とは異なるクレジットカード現金化について

法律の改正によって、消費者金融やキャッシングで現金の借入をすることが難しくなっています。

悪徳業者から守るなどの意図がありますが、借入をしなければ今日を生きることができないほど切羽詰まった状況の人もいます。

そのような背景から、ショッピング枠を換金するというクレジットカード現金化が注目されています。

この方法ではインターネットを利用してパソコンやスマートフォンからショッピング枠を使って買い物をすれば現金を得ることができ、借入とは違って来店する必要はありません。

消費者金融などからの借入では審査が厳しくて勤め先や年収や家族構成などの情報が必要であるのに対して、クレジットカード現金化は本人確認が取れれば行うことができます。

偽造カードや盗難カードの不正利用を防ぐために、申込者とカード名義人が同一人物で身分証明書が提出できれば良いです。

ショッピング枠を利用して業者の指定する商品を購入して業者から現金を得た場合には、後でカード会社に代金を支払うことになります。

一括払いであればカード会社への手数料はかかりませんが、分割払いやリボ払いの場合にはカード会社に購入価格に対して15%程度の手数料が発生します。

例えば業者から換金率80%の商品を10万円で購入して8万入金されたとすると、カード会社に後から一括で10万円支払うとして借金が2万円増えることになります。

クレジットカード現金化では優良な業者を選べば即日で現金を得られるのでお金がない場合に非常に便利ですが、最終的には損をすることになるので計画的に行うことが大切です。

興味がある方は是非:ビックギフト評判


タグ :